TOPページ
挨拶
クリニックについて
外来について
フロアガイド
臨床試験について
BLOG
アクセス

初診の方へ

〒169-0073
東京都新宿区百人町1-22-17
新宿リサーチパークビル

TEL 03-5937-6877
FAX 03-5337-7366

JR中央・総武線 大久保駅徒歩1分
JR山手線 新大久保駅徒歩6分
JR山手線 新宿駅徒歩10分

◆診療科目
・内科
・循環器内科
・精神科
・臨床検査科

専門外来
・メモリークリニック
・睡眠外来
・糖尿病外来
・呼吸器外来
・禁煙外来
・お薬相談外来
・セカンドオピニオン外来
・臨床試験外来

在宅訪問診療

◆診療受付時間
9:00 - 12:30 13:30 - 17:00

◆休診日
土曜日午後 日曜日 祝祭日

blog

2017年9月6日
多様性

日本遺伝学会が、一般の方々に誤解を与えないようにあるいはわかりやすいように、一部の言葉を改訂することを決めました。メンデルの遺伝学で使われてきた「優性」遺伝と「劣勢」遺伝と言う言葉は「顕性」遺伝と「潜性」遺伝に。遺伝子「変異」は遺伝子「多様性」に。「色覚異常」「色盲」は「色覚多様性」に。理科や生物の教科書の記載も徐々に変わっていくことでしょう。

社会構造が複雑化し、価値観が多様になり、個人の違いが大切にされるべきでるという認識が高まるなか、こうした心配りはとても大切なことです。言葉だけを変えても意味がないという意見も耳にしますが、私はそうは思いません。言葉は人を傷つける力を持っています。最初は言葉を変えるところからスタートして最終的に個々の多様性を全体で認められるような心優しい文化ができればいいと思うのです。そのための第一歩。

院長 長嶋 浩貴